盗聴器発見器、盗聴器妨害器と見てきましたが、
市販されているとはいえ、
実際にそれを使用するには、やはり、技術とノウハウが必要になります。

その技術、ノウハウの分、
盗聴発見業者では、数十万の金額がかかることになるんですね。

事が重大であれば、このような業者に頼んだ方が確実かもしれません。
しかし、金額が大きいだけに、実際には、頼まない、または頼めない人が多いことも事実ですね。

どうしても自分で行動しなくてはいけない!
そうたくさんお金を出すことができないというのなら、
このブログの右上に紹介している盗聴器発見マニュアルが助けになるかもしれません。

このマニュアルは、実際に盗聴発見業者で働いていたプロの調査員が書いたマニュアルです。 プロの調査員が書いたマニュアルです。
盗聴器が設置されやすい場所、
盗聴されやすい周波数、
プロが使っている盗聴器発見器などの情報のほか、
具体的に盗聴器を見つける方法
が書いてある内容です。

わたしも事情があり、このマニュアルの助けをかりました。
わたしの家には、盗聴器はついていなかったのですが、
ついていない確証を得られたということに納得できました。