こんにちは、べあっぴです。

本日はタイトルにもある通り

「ジョッターメモ」

についてご紹介させていただきます。

勿論僕も愛用しております。

 

ジョッターメモとは?

まずジョッターとはなんぞや? 聞いたことないぞという方も多いと思いますが、
簡単に言うと「メモするもの」です。

メモするものとして真っ先に思い浮かぶのは「メモ帳」だと思いますが、
メモ帳との違いは、「綴ってあるか」「綴ってないか」と思っていいただけるとわかりやすいと思います。

 

f:id:bearppi:20170710013742j:plain

メモ帳がリングや糊などで紙を何枚も綴ってあるのに対して
ジョッターメモは一枚の紙を専用の挟んでおく物(ジョッターといいます)に挟んでメモします。

大きさはさまざまですが名刺サイズぐらいが多いです。


このジョッターメモ、欧米では昔からある文房具で、ビジネスマンがよく使っているそうです。

英語で

「Jot」メモする
「Jotter」メモする人

が由来であるとされています。


基本的な機能、使い方としては

・ポケットなどに入れても収まりが良く、メモ自体がクシャクシャにならない

・さっと取り出してすぐメモをする

・メモした用紙は、うしろにメモを収納するスペースがあるのでそこに収納する。

・メモなので書いたものは後でまとめる。

となります。


さっと取り出してメモするというのは、メモを取る行為として一番重要だと思います。
ジョッターメモは取り出しやすいですしすぐにメモできます。さらに本体がおしゃれなものが多いので、出した時に「おっ」っと思って貰えますし他の人と差が付けられます。


メモ用紙はドンドン収納スペースに入れていけますが、溜まってきてしまうとかさばってしまいます。
逆にこれがジョッターメモのいいところでして、かさばると見た目も悪くなりますし使いづらくなってしまうので、
あまり溜めないようにしようという気持ちが高まってくるので、メモが整理できます。
これは本当に素晴らしいです。
良いもの、オシャレなものは大事に使いたいですし、他人からはよく見られたいですしね。


このジョッターメモ、種類も意外とあって、

スタンダードなもの(メモを取って、収納する)から、
裏面がIDケース(首から下げるものだったり、パスケースとして使えるものだったり)になっていたりと様々です。
シーンを選ばずに使えますね。

因みに僕が普段使っているものはもう出てきてますが

f:id:bearppi:20170710013908j:plain

裏はこんな感じです。

 

どうですか? 良くないですか?

これは「旅屋」さんのものになります。
サイズが2種類ありこれは小さい方です。
価格は ¥4860で
専用リフィルも100枚入り ¥540で販売しています。

 

さらにこれのいいところは、素材が本革な所と紙の質が良く万年筆との相性が最高です。
因みに紙は原稿用紙でおなじみの、満寿屋さんの紙との事。
書き味も最高です。

 


これでジョッターメモの紹介は以上です。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

べあっぴでした。